愛犬との別れ

愛犬との別れ記事一覧

チョッパーとの最後の日スペース1【はじめに】我が家には二人の息子がいます、二人とも中学生です。その息子達が産まれる16年前、一匹のヨークシャーテリアの男の子と出会い、最初の息子になりました。とても人懐っこく、まったく吠えないお利口な彼を、チョッパーと名付け14年間大切にしました。…いいえ、大切にしていたつもりでした。まだまだしてあげられることがあったのだと思います。そんなチョッパーとの最後の日の出...

我が家に来た一匹の家族スペース1第一章 新たな家族(いってらっしゃい。)母が心配そうに見守る中、玄関を飛び出す子供たち。私が長男、妹が2人、年子で生まれた田舎の三兄弟は小学校へ元気よく出かけていきました。私たちの地区では、周りが田んぼや山が多く、学校の数も少なかったため、徒歩40分以上かけて学校に通っていました。経済的に裕福とは言えないような家庭でしたが、何不自由なく元気に過ごしていて毎日がとても...

愛犬サブリナが教えてくれたものスペース1あなたは動物が好きですか?私はかなり好きです。大好きです!特に犬が好きなのですが、私が大の犬好きになるきっかけをくれたのは、初めてペットとして飼ったサブリナでした。いつか別れる日が来るとわかっていても、また家族として犬を迎えいれたい。そう思えるほど、私にとってサブリナとの思い出はかけがえのないものです。そんなサブリナとの出会いから別れについてのお話です。【う...

愛犬との別れ、私のペットロス克服方法スペース115年連れ添った愛犬とのお別れはじめまして。15年連れ添った愛犬が亡くなってから約1年が経ちました。最近愛犬が亡くなった方ペットロスでお悩みの方たくさんいらっしゃいますよね。私自身もペットロスで長く苦しみました。愛犬は『大切な家族』。そして『相棒』です。私も今までたくさんの愛情を注いできました。そして愛犬に慕われ、私も成長してきました。家族だからこそ、...

捨て犬ブー太郎との思い出スペース1いつも出会いは突然やってきます。それは人だけでなく、動物も然り。もしあなたが犬を飼いたいと思ったら、どこに行きますか?ペットショップに行ったり、ブリーダーのところに行く人が多いのではないでしょうか。もしかしたら、子犬が産まれたからもらってくれない?と、知り合いから譲り受けるかもしれません。愛犬との出会いはいろいろあると思いますが、私とブー太郎の出会いは、きっとみな...

愛犬が亡くなった時にやらなければならない事スペース1愛犬が亡くなったらどうすればいい?長い時間を共にし、たくさん愛情を育んできた愛犬の死は飼い主にとって辛いもの。亡くなった愛犬を前にどうすることも出来なくなってしまう方が多くいらっしゃいます。私自身も愛犬を亡くした時ひどく混乱しました。亡くなった後ではショックが大きくパニックになってしまうので、事前に調べておくことも大切です。大切な愛犬との別れだか...

8年間、私の代わりに両親の側にいてくれた愛犬スペース1もう一度、犬のいる生活を我が家に犬を迎えるのは、二匹目でした。一匹目は、母の友人から譲り受けたマルチーズの「ちゃめ」。我が家は私はもちろん、父も母も犬が大好きでしたが、ちゃめとの最期の別れが忘れられず、もう犬を飼うことはないだろうと、家族の誰もが思っていました。ですが、「ちゃめ」の死からちょうど10年。新しい天使は、突如我が家へ舞い降りることに...

愛犬の最期を看取れなかった後悔スペース1はじめに人間と犬の生きる時間には大きな差があります。殆どの場合、人間より犬の方が先に旅立ちます。これはみなさん当たり前にご存じと思いますが、では、犬との別れ方について考えたことはありますか?私はいつも、今家にいる子との別れ方について、絶対に最期はそばにいると決めています。そう思ったきっかけとなった、愛犬との別れについてお話します。愛犬と当時の家族についてまず...

辛い闘病生活で、愛犬が私にくれた物スペース12年間の闘病生活我が家の愛犬りおんは、12歳の時から様々な病気に冒され、2年間の闘病生活を過ごしました。最初に心臓病が発覚し、半年に1度検診を受ける予定が、発覚から3ヶ月で肺に水が溜まる命の危機的状況になり、その1年後には慢性気管支炎で咳が止まらない状況になりました。闘病生活は、当然りおんにとって辛いものでしたし、私たち家族にとっても肉体的にも精神的にも...

愛犬ナナと迎えた優しい最期スペース1犬の寿命は人間の半分以下で、2歳までには成犬に、6歳になる頃にはシニア犬と呼ばれます。犬は人生の毎日を大好きな飼い主と一緒に全力で生きています。当時小学生の私と出会ったのは、そんな大好きな飼い主から成犬になってすぐに捨てられたラブラドールレトリバーのナナでした。【体が大きくなって捨てられたナナ】大型犬が成犬になるのは大体一年半で、ナナはちょうど当時一歳半でした。...

page top